夏こそ「冷え性対策」を!

⋅ 夏こそ「冷え性対策」を! ⋅

多くの女性が悩まされている「冷え性」。手足や腰が冷えるだけでなく、冷えが原因で身体のあちこちに不調が現れるのです。
寒い季節は手足が冷えないように積極的に防寒対策をしますが、暑い季節は無防備になりがちです。しかし、夏こそしっかり冷え性対策を行う必要があります。こちらでは、夏の冷え性対策をご紹介します。

夏に多い「クーラー病」

室内でのお仕事や車での移動が多い方によくみられる「クーラー病」。これはエアコンの効いた室内から気温の高い屋外に出ることを繰り返すと、身体が急激な温度変化に対応できず自律神経のバランスが乱れ、頭痛や腹痛、食欲不振、不眠、むくみなどの症状がみられます。
慢性化するとエアコンの効いた部屋に入っただけで、このような症状が現れるようになります。

「足首」がポイント

夏は外気温が高いため、露出度の高いキャミソールやミニスカート、さらには靴ではなく、素足にサンダルやミュールなどを履く方が多いと思います。
屋外ではこのような涼しい格好でも構わないのですが、エアコンの効いたお部屋に入る場合には、ひざ掛けやふくらはぎサポーターを使用するなど「足首」を温めることが大切です。また、睡眠時も腹巻きやサポーターを上手く活用して寝冷えを防ぎましょう。

様々な冷え性対策

生姜や根菜が冷え性に良いことは、ご存じの方も多いでしょう。しかし他にも多くの冷え性対策があるのでご紹介します。
一つ目は「ツボ」です。おへそから指2本分下にある「気海(きかい)」というツボは刺激することで全身に血が巡り、身体を元気にするとされています。
また、内側のくるぶしから指4本上にある「三陰交(さんいんこう)」も冷え性に効果的です。次に「運動」です。
長時間のデスクワークをしながらでもできる、足首のストレッチやふくらはぎのマッサージなど、足先の血行促進に繋がる簡単な運動も冷え性対策に最適です。

Body Laughでは、冷えに悩んでいる方や痩身を希望するお客様に人気のあるリンパマッサージや関西初登場の「ホットタオルセラピー」の施術を行っております。ホットタオルセラピーは発汗作用を促すので、冷えにお悩みの方におすすめです。
身体の冷えでお悩みなら、京都市のBody Laughに是非一度ご相談ください。